網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症とは?

網膜静脈閉塞症とは?網膜の静脈が詰まっている状態を網膜静脈閉塞症といいます。血液が流れなくなり、眼底出血や黄斑浮腫の原因になります。
特に高血圧などで動脈硬化が進行している50歳以上の方に多く見られる病気です。

網膜中心静脈閉塞症

網膜中心静脈閉塞症眼球から脳へとつながる網膜中心静脈が詰まった状態です。症例数としては網膜静脈分枝閉塞症より少ないものの、比較的若い方に多く発症するのが特徴です。
静脈の根元が詰まっている状況ですので、網膜全体に悪影響を及ぼし、眼底や黄斑の出血・浮腫などが起こります。出血は時間とともに収まりますが、浮腫が残ることがあります。また、低下した視力が回復しないこともあります。

網膜静脈分枝閉塞症

網膜静脈分枝閉塞症網膜静脈閉塞症のうち、多くを占めるのがこちらの網膜静脈分枝閉塞症です。網膜と動脈と静脈が交差するところが詰まった状態です。
眼底出血や網膜浮腫を引き起こします。網膜中心静脈閉塞症と同様に、浮腫が残ったり、低下した視力が回復しないことがあります。

網膜静脈閉塞症の原因

高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病に伴う動脈硬化が主な原因です。
動脈硬化によって静脈の流れが悪くなることで、交差部などでは特に閉塞が起こりやすくなります。

網膜静脈閉塞症の症状

網膜静脈閉塞症の症状
  • 視力低下
  • 視野が暗くなる
  • 視野がぼやける
  • 視野が部分的に黒っぽくなる
  • 視野が欠ける

視力低下や視野のぼやけは、ときには急速に進みます。治療が遅れると、視力が十分に回復しないこともあります。

網膜静脈閉塞症の治療法

薬物療法

薬物療法血栓を溶かす薬、網膜の循環を良くする薬などを使用します。

レーザー光凝固術

レーザー光凝固術眼底出血や浮腫の早期消失のため、レーザー光凝固術を用いることもあります。
※レーザー光凝固術は、にしむら眼科で行います。

眼球注射

副腎皮質ステロイドホルモン薬や抗VEGF抗体の眼球注射によって、黄斑浮腫を改善します。

手術

硝子体を切除する手術で、黄斑浮腫を改善し、視力の回復を促します。
硝子体手術が必要になった場合には、提携する病院をご紹介します。

網膜症静脈閉塞症は合併症に注意

発症後数ヶ月、あるいは1年以上経過してから、以下のような合併症が起こることがあります。
治療後も定期的に検査を受け、合併症の予防に努めましょう。

硝子体出血

毛細血管が消失した部分では、血管の新生が促される物質が産生されます。新生血管は非常にもろいため、出血が起こりやすくなります。

血管新生緑内障

新生血管が眼球の前方に延び、房水の流出口(隅角)を塞ぐと、眼圧が上昇し、緑内障をきたします。
通常の緑内障よりさらに治療は困難で、失明の可能性もあります。

網膜剥離

新生血管が網膜と硝子体を癒着させると、硝子体が収縮したときに網膜にテンションがかかり、穴が空いてしまいます。この穴から眼球内の水分が流れると、網膜剥離が発生します。
剥がれた網膜細胞は、急速にその機能を失っていきます。早急な手術が必要になります。

にしむら眼科WEB予約にしむらクリニックWEB予約