白内障

白内障とは?

白内障とは?白内障は、加齢などを原因として水晶体が白く濁って、視力の低下をきたす病気です。
水晶体は、外からの光を集め、ピントを合わせる役割を担っています(カメラでいうところの“レンズ”の役割)。白く濁ることで、光がうまく集約できなくなり、見えにくくなります。

白内障の原因

白内障の原因主な原因は、加齢です。
その他、糖尿病やアトピー性皮膚炎などの全身疾患、ぶどう膜炎などの眼の疾患、放射線・紫外線、薬の副作用、遺伝などの要因も、リスクに数えられます。

白内障の種類

水晶体が白く濁る白内障には、いくつかの種類があります。

老人性白内障

私たちは常に紫外線を浴びています。そのことで、加齢に伴い活性酸素が増加します。すると、水晶体のタンパク質が変性し、白く濁ると言われています。

糖尿病性白内障

高血糖状態が慢性化すると、グルコースからソルビトールという糖アルコールへの変換が活発化し、このうちのソルビトールが水晶体に蓄積・白濁化を進めると言われています。

アトピー性白内障

アトピー性皮膚炎を発症している方のうち、約3割で白内障の併発が確認されたという報告があります。

先天性白内障

遺伝、妊娠中の母から胎児への風しん感染などが原因と言われています。

外傷性白内障

眼に強い衝撃が加わったとき、水晶体がダメージを受けると、白内障を発症することがあります。

併発性白内障

ぶどう膜炎、網膜剥離、網膜変性症、緑内障などに起因して、白内障を合併することがあります。

その他

放射線、ステロイド剤の副作用なども、白内障の発症に影響することがあると言われています。

白内障の症状
~初期は自覚症状が分かりにくい~

白内障というと、瞳が白く濁っているところを想像されるかもしれません。
しかし特に初期の白内障は、明確な濁りはもちろん、肉眼で外から判別できる要素はありません。一般の方が初期の段階で気づくことは、ほぼ不可能と言えるでしょう。視力についても同様で、初期には自覚できるほどの低下がありません。

進行すると、手術以外の治療法がなくなってしまいます。反対に、早期に発見できれば、薬物療法によって進行を押しとどめ、手術なしでずっと生活できる可能性も高くなります。白内障の検査はごく簡単なもので、痛みもありません。早い方は40代から発症する病気ですので、症状の有無にかかわらず、定期的に検査を受けることをおすすめします。

 

白内障の治療

白内障の治療点眼薬や内服薬での治療で、進行を押しとどめることが可能です。
ただし、視力が回復するわけではありません。ある程度進行した白内障は、手術によって視力を回復させる必要があります。手術は、にしむら眼科で行います。

日帰り白内障手術

白く濁った水晶体を取り除き、眼内レンズに置き換える手術です。患者さんのライフスタイルに応じて適切な眼内レンズを選択し、日常生活を快適にお過ごしいただけるよう努めています。
日帰りでの白内障手術を行っております。

後発白内障について

後発白内障について白内障の手術後、「後発白内障」という合併症が起こることがあります。眼内レンズを安定させる水晶体の皮が時間の経過によって濁り、視力が低下する合併症です。
ただ、こちらはレーザーによって濁った部位にピンポイントで穴を空け、光の透過性を取り戻すことで改善が可能です。

にしむら眼科WEB予約にしむらクリニックWEB予約