医療法人社団感謝会 にしむら眼科

Top  > 診療内容  > まぶた(眼形成)の手術 > 眼瞼下垂症

にしむら眼科の診療内容

  • 日帰り白内障手術日帰り白内障手術
    • まぶたの手術
      • 眼瞼下垂眼瞼下垂
      • 眉毛下垂症眉毛下垂症
      • 眼瞼痙攣 ボツリヌス療法眼瞼痙攣 ボツリヌス療法
      • 睫毛内反症、眼瞼内反症睫毛内反症、眼瞼内反症
      • 睫毛乱生症睫毛乱生症
      • 下眼瞼外反症下眼瞼外反症
      • 霰粒腫霰粒腫

  • ドライアイドライアイ
  • 緑内障緑内障
  • 糖尿病網膜症糖尿病網膜症
  • 結膜弛緩症結膜弛緩症
  • コンタクトレンズ処方コンタクトレンズ処方
  • 目の健康診断目の健康診断
  • オルソケラトロジーオルソケラトロジー

サプリメント紹介

口臭外来

医療法人社団感謝会 にしむら眼科

〒651-2273 神戸市西区糀台5丁目6-3
神戸西神オリエンタルホテル1階
電話番号:078-992-5888

 

にしむらクリニック

にしむらクリニック

まぶた(眼形成)の手術

» 眼瞼けいれん(ボツリヌス療法)

眼瞼下垂症

眼瞼下垂症とは?

まぶたを上げるための筋肉(眼瞼挙筋)の作用が弱くなったり、力が伝わりにくくなることで、まぶたが十分にもち上がらなくなります。このため視野が妨げられて見えにくさや眼の重たさなどの症状が出てきます。
生まれつき眼瞼挙筋の力が弱いなどの先天的な原因と、加齢やコンタクトレンズの長期装用、病気(重症筋無力症、動眼神経麻痺など)のような後天的な原因によるものがあります。

眼瞼下垂症の症状

見た目が眠そうな感じになり、しばしば眉毛を持ち上げて見ようとするために、おでこにシワが寄ります。
視界が狭くなり、特に上方が見えにくくなるため、あごを上げて物を見るようになります。
このため肩の筋肉に無理な力が入り、肩こりの原因になることがあります。

 

・ 眼が開けにくい  
・ まぶたが重い
・ 肩こり、頭痛、首の痛み 
・ 眼を開けると額にしわができやすい

眼瞼下垂症の治療

治療は手術が主体となります。
まぶたが十分にもち上がらないことが見えにくさの原因になっていて、まぶたが瞳(ひとみ)の一部を覆っている場合が手術を行う目安になります。
手術方法は大きく分けて以下の3つがあり、原因に応じて選択します。
@ 眼瞼挙筋前転法:まぶたを持ち上げる組織の緩みをとり、力を伝わりやすくする方法
A 皮膚切除法:被さってくる皮膚を切除する方法
B 筋膜移植法:筋膜などを移植し、まゆ毛を挙上する力を利用してまぶたを持ち上げる方法

 

重症筋無力症・動眼神経麻痺などの病気が原因で二次的に眼瞼下垂を生じている場合は、もともとの疾患の治療を優先して行います 。