医療法人社団感謝会 にしむら眼科

Top  > 診療内容  > ボトックス治療

にしむら眼科の診療内容

  • 日帰り白内障手術日帰り白内障手術
    • まぶたの手術
      • 眼瞼下垂眼瞼下垂
      • 眉毛下垂症眉毛下垂症
      • 眼瞼痙攣 ボツリヌス療法眼瞼痙攣 ボツリヌス療法
      • 睫毛内反症、眼瞼内反症睫毛内反症、眼瞼内反症
      • 睫毛乱生症睫毛乱生症
      • 下眼瞼外反症下眼瞼外反症
      • 霰粒腫霰粒腫

  • ドライアイドライアイ
  • 緑内障緑内障
  • 糖尿病網膜症糖尿病網膜症
  • 結膜弛緩症結膜弛緩症
  • コンタクトレンズ処方コンタクトレンズ処方
  • 目の健康診断目の健康診断
  • オルソケラトロジーオルソケラトロジー

サプリメント紹介

口臭外来

医療法人社団感謝会 にしむら眼科

〒651-2273 神戸市西区糀台5丁目6-3
神戸西神オリエンタルホテル1階
電話番号:078-992-5888

 

にしむらクリニック

にしむらクリニック

ボトックス治療

眼瞼痙攣・顔面痙攣に対するボトックス治療

ボトックス(ボツリヌストキシン)を注射して、筋肉の過剰な働きを抑え、それによって眼瞼痙攣や顔面痙攣の症状を改善する治療方法です。
眼瞼痙攣、片偏性顔面痙攣に対するボトックス療法は、所定の研修及びボトックス使用の認定を受けた医師のみしか施行できません。
にしむら眼科では、講習を修了した医師(眼科、形成外科認定医)が治療にあたります 。

 

糖尿病網膜症治療

眼瞼痙攣とは、目の周りの筋肉が痙攣して、目があけにくくなり、まばたきがうまくできなくなる病気です。
脳内の運動を抑制するシステムが機能障害を起こすことによって生じると考えられています。
しかし、発症の原因が完全には解明されていないため、症状を抑える治療が中心となっています。眼瞼痙攣の初期症状としては、まぶたの不快感、まぶしく感じる、まばたきが多くなる、などがあります。
症状が進行すると、まぶたが頻繁にけいれんし、目をうまく開けていられないため、人や物にぶつかるなど、生活に支障が出るようになります。さらに進行すると自分の意思ではまぶたをあけることができなくなり、視力には問題ないのに機能的に盲目状態になります。
症状の進行は早くありませんが、何もしないでいて、自然に症状が軽くなることはほとんどありません。精神的な緊張の影響を受けることも多く、普段は重い症状があるのに、診察室では症状が出ないという例も見られます。また、症状は通常、両目に起こりますが、左右差があることも少なくありません。

糖尿病網膜症治療

顔面痙攣とは、通常、片側の顔面筋が自分は意図していないのに痙攣し続けてしまう病気です。
発症の原因としては、顔面神経が脳幹から出る部分で、血管によって圧迫されるために起こることが多いと考えられています。
はじめの症状は、左右どちらかの上まぶたか下まぶたの痙攣に始まり、進行すると、同じ側の目の周りの他の筋肉や口の周りの筋肉も痙攣するようになります。重症になると、痙攣が持続するようになってしまいます。症状は眠っている最中でも治まりません。

糖尿病網膜症治療

目の周りの筋肉や痙攣している顔の筋肉の緊張をやわらげるおくすり(ボツリヌストキシン)を注射する治療方法です。治療時間も5分程度と短く、通常は入院も不要で、次の日からは、普段と変わりなく生活をできます。非常に効果の高い治療方法ですが、効果の持続期間が数ヶ月のため、何度も繰り返し治療を受ける必要があります。

治療費用

ボトックス治療に要する費用は健康保険適応になります。

・注射1回につき、1割負担の方 約5,600円 
・3割負担の方 約17,000円

※ 患者様の眼の状態、その他の理由で変化する場合がございます。

にしむらクリニック