医療法人社団感謝会 にしむら眼科

Top  > 診療内容

にしむら眼科の診療内容

  • 日帰り白内障手術日帰り白内障手術
    • まぶたの手術
      • 眼瞼下垂眼瞼下垂
      • 眉毛下垂症眉毛下垂症
      • 眼瞼痙攣 ボツリヌス療法眼瞼痙攣 ボツリヌス療法
      • 睫毛内反症、眼瞼内反症睫毛内反症、眼瞼内反症
      • 睫毛乱生症睫毛乱生症
      • 下眼瞼外反症下眼瞼外反症
      • 霰粒腫霰粒腫

  • ドライアイドライアイ
  • 緑内障緑内障
  • 糖尿病網膜症糖尿病網膜症
  • 結膜弛緩症結膜弛緩症
  • コンタクトレンズ処方コンタクトレンズ処方
  • 目の健康診断目の健康診断
  • オルソケラトロジーオルソケラトロジー

近視進行抑制治療

サプリメント紹介

口臭外来

医療法人社団感謝会 にしむら眼科

〒651-2273 神戸市西区糀台5丁目6-3
神戸西神オリエンタルホテル1階
電話番号:078-992-5888

 

にしむらクリニック

にしむらクリニック

医療法人社団感謝会 にしむら眼科の診療内容

当院では、ドライアイ、アレルギー性結膜炎、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性等の眼科診療一般、日帰り白内障手術、まぶたの手術(眼瞼下垂手術、霰粒腫)や結膜弛緩等の手術、コンタクトレンズ処方、目の健康相談を行っています。

日帰り白内障

白内障について
白内障とは、カメラでいえばレンズにあたる水晶体が白く濁って、見えにくくなる病気です。
主な原因としては、
・加齢変化(老人性白内障)
・糖尿病・アトピーなどの全身病
・ぶどう膜炎などの他の眼疾患
・放射線、紫外線
・薬の副作用
・遺伝、先天異常
などがあります。

 

日帰り白内障手術について
白内障は投薬や通院で完治するものではありません。
その為、白く濁った水晶体を取り除き、アクリルなどでできた眼内レンズに置き換える手術を行います。
手術は短時間で終わり、日帰り手術が可能です。

 

まぶたの手術

当クリニックでは、眼瞼の日帰り手術を行なっています。(保険適用)

眼瞼下垂症
まぶたを上げるための筋肉(眼瞼挙筋)の作用が弱まることによって、目を開けたときに、まぶたが十分にもち上がらない状態です。

 

眉毛下垂症
顔面神経麻痺などの原因で眉毛が下がり、まぶたの皮膚が眼にかぶさります。そのため、視野が妨げられ、前方が見えにくい状態となります。

 

眼瞼けいれん(ボツリヌス療法)
自分の意志とは関係なく筋肉に収縮が起き、まぶたが痙攣する状態です。遮光眼鏡(サングラス)の使用や薬物療法を用いることもありますが、現在では、ボツリヌス療法(局所注射)が主流となっています。

 

睫毛内反症、眼瞼内反症
さかまつ毛のことです。生まれつきのまつ毛の生え方や加齢に伴うまぶたの組織のたるみが原因となってまつげが眼にあたるため、目やにや眼の痛みといった症状がでます。

 

睫毛乱生症
まつ毛が不規則な方向に生え、眼球に向いているまつ毛が角膜や結膜をこすることで、異物感(ちくちく、ゴロゴロ)や目やにの増加、角膜炎や結膜炎を起こします。ひどい場合は角膜潰瘍を起こし、視力障害を生じる場合もあります。

 

下眼瞼外反症
顔面神経麻痺や眼瞼地緩症などによって、下眼瞼が外側にめくれてしまった状態です。

まぶたの裏の赤い部分が、あかんべーをしたようにいつも見えていたり、眼が乾いたりします。

 

霰粒腫
いわゆる「ものもらい」のことです。
眼瞼(まぶた)にあるマイボーム腺の出口がつまって慢性的な炎症が起きる結果、肉芽腫という塊ができる病気です。
症状はまぶたの腫れや違和感です。

 

ドライアイ

ドライアイについて
「眼が疲れる」、「眼が乾いた感じがする」という症状を感じたことはありませんか?
その症状、もしかすると、ドライアイかもしれません。

 

緑内障

緑内障について
緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気です。

 

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症について
眼球の中にある、視神経の膜(網膜)が薄く、弱くなる病気です。
糖尿病の合併症、糖尿病網膜症は時には失明することもあります。 初期の自覚症状があまりないため、治療の遅れが失明の原因となるケースが多いようです。

 

結膜弛緩症治療

結膜弛緩症について
結膜弛緩症とは、涙の通り道になる部分の結膜(白目)が弛緩する(たるむ)病気で、中高年に非常によくみられます。
涙は、上まぶたの外側の奥にある涙腺というところで作られ、目の表面を通り、目の内側にある小さな穴(涙点)から、鼻の奥の方へと抜けていきます。
結膜弛緩症では、下まぶたの縁にたるんだ白目が存在するため、涙の通りのじゃまになり、涙がうまく流れていかなくなるので、涙目を訴える方が多いのです。

 

コンタクトレンズ処方

ジョンソン&ジョンソン、ボシュロム、クーパービジョン、シード社の2週間交換ソフトレンズ、1日使い捨てソフトレンズ、その他従来型のソフトレンズ、ハードレンズに加え、遠近両用、円錐角膜用、虹彩付などの特殊レンズも取り扱っております。


近年、コンタクトレンズによる眼障害が急増しております。

コンタクトレンズが原因で視力が低下することがあります。
また、コンタクトレンズが原因で目のかゆみ、目の腫れがおこることがあります。
放置しておくと恐ろしい状態になることもありますから定期的な検査が必要です

使用される方が多い為、「手軽」に感じられる方も多いようですが、実際には、眼の形状や状態によってコンタクトレンズ装用の向き不向きがあります。

 

これからコンタクトレンズの購入を検討されている方は、必ず眼科での検査・診察を受け、コンタクトレンズ装用の向き不向きを確認して、あなたの目に合った最適なコンタクトレンズ処方をお受け下さい。

結膜弛緩症治療

オルソケラトロジーとは、一般的なコンタクトレンズとは異なり、寝ている間に特殊な形状をしたレンズを装用する事で角膜の形状を平坦化して、近視や乱視を矯正する方法です。
朝起きてレンズを外した後も一定時間角膜の形が保持され、昼間コンタクトレンズやメガネを装用せずに裸眼で生活することが可能です。

 

目の健康相談

『半年前に野球のボールが右目にあたってからどうも見えにくい、最近は左目も見えにくい』

そういって受診された30代の若い男性の患者さんがいました。 詳しく検査したところ、両目とも糖尿病による目の合併症(糖尿病網膜症)が進行しており、ボールが目にあたったことは目が見えにくい原因ではありませんでした。
眼科受診がきっかけで糖尿病であることがわかったのです。
糖尿病は目に異常をきたすことのある病気です。自覚症状があまりないまま進行してしまうこともあります。定期的に検診をしていれば、症状が軽いうちに適切な処置をほどこしていれば、病気の進行を抑えることができます。
何かしら目に異常を感じていながら、いつか治るだろうと放置しておくのが一番良くありません。
些細なことでもご相談ください。何かしらアドバイスさせて頂きます。